アルコール度数と酔いやすさの関係

皆さんはお酒を飲む際に、アルコール度数に注目したことはありますか?
味や香りに比べると、重要視されない傾向にあるアルコール度数ですが、酔いやすさという観点では非常に重要といえます。

 

そこで今回は、アルコール度数に注目しながら酔いやすいお酒とそうでないお酒について詳しく見ていきましょう。
アルコール度数とは飲料にどれだけのアルコールが含まれているかを表しています。
単純に考えると、アルコール度数が高い方が身体に悪くて、酔いやすいだろうと思うかもしれません。

 

しかし、実のところアルコール度数が高いお酒の方が酔いにくいことが分かっているのです。
その理由として挙げられるのが不純物の配合です。
一般に、アルコール度数が高いお酒というのはウイスキーやバーボン、焼酎といった蒸留酒に分類されます。

 

中にはアルコール度数が40パーセントを超えるものがあり、舐めるだけで舌が焼けるような感覚に陥ることもあるのです。
しかし、蒸留酒は製造する中で不純物を取り除く過程が含まれています。
一方の醸造酒は、比較的不純物が多く含まれていることに注目してください。

 

お酒を飲んだときに起こる「酔い」という現象は、不純物によって悪化の一途をたどります。
すなわち、アルコール度数が高くても不純物が少ない蒸留酒の方が、アルコール度数が低くて不純物の多い醸造酒よりも酔いにくいのです。
醸造酒は日本酒やワイン、ビールなどのお酒のことで、皆さんもよく口にしますよね。

 

アルコール度数が低いから安心という考えを抱いていると、むしろ二日酔いが酷くなってしまうことを覚えておきましょう。
ただし、蒸留酒であっても品質があまり良くないものの場合には不純物が含まれていることがあります。
基本的には高級な蒸留酒ほど不純物が少ないため、一つの基準として値段を確認しておきましょう。

 

飲み過ぎに注意。身体に優しいお酒の飲み方とは詳細はここ

関連ページ

二日酔いを予防する飲み方
二日酔いを予防する飲み方
蒸留酒で二日酔い対策
蒸留酒で二日酔い対策
飲んでいるときにとりたい二日酔い対策
飲んでいるときにとりたい二日酔い対策
飲む前に取りたい二日酔い対策
飲む前に取りたい二日酔い対策
二日酔いが起こるメカニズム
二日酔いが起こるメカニズム
日本人がお酒に弱い理由
日本人がお酒に弱い理由
甘くて飲みやすいのにアルコール度数が高いカクテル
甘くて飲みやすいのにアルコール度数が高いカクテル

このページの先頭へ戻る