アルハラの5つの定義

アルハラという言葉を知っていますか?
アルハラとは、アルコールハラスメントの略で、飲酒に関する人権侵害を犯す事です。
では、どのような行為がアルハラに該当するのか、紹介します。

 

アルハラの定義は5つあります、
まず、「飲酒の強要」飲み会の席では、上司が部下に、「全然飲んでないじゃないか、もっと飲めよ」
なんてビールをつぐシーンを見かける事は、多々あります。

 

また場が盛り上がってくると「イッキ飲み」を強要するような、飲みコールが行われています。
イッキ飲みは、血中のアルコール濃度が急速に高まるため、命に関わる危険な行為だという事を、認識しておきましょう。

 

「意図的な酔いつぶし」歓送迎会では、主役が酔いつぶしのターゲットとされてしまう事がよくあります。
「飲めない人への配慮を欠く行為」体質的にお酒が全く飲めない人もいます。
それなのに、「付き合いが悪い」「俺の酒が飲めないのか」などと本人の意向を無視して、飲酒させる事もアルハラです。

 

そして、アルハラは相手にお酒の飲酒を強要する行為のみ、そう思われている人もいるかもしれません。
ですが、あなた自身がお酒を飲み、相手に絡んだり、セクハラをしたりするなど、「酔ったうえでの迷惑行為」もアルハラに該当します。

 

以上がアルハラの定義となりますが、どの行為も飲み会では、よく見られる行為ばかりですよね。
つまり、まだまだアルハラという意識が少なく、飲酒を強要しているシーンが日常的に多い事が1番の問題だと言えるでしょう。
お酒は、楽しく飲むものであり、健康的に飲むものです。

 

今後飲み会の席では、アルハラについて考慮した上で、行動するようにして下さいね。
 

関連ページ

貸切パーティでお酒トラブルを予防
貸切パーティでお酒トラブルを予防
飲み会で終電を逃さないためには
飲み会で終電を逃さないためには
会計を円滑に済ませる
会計を円滑に済ませる
鉄の塊が凶器と化す
鉄の塊が凶器と化す
飲み会で心得ておきたいビジネスマナー
飲み会で心得ておきたいビジネスマナー
1人で飲み過ぎないために
1人で飲み過ぎないために
女子会で気を付けたいお酒のこと
女子会で気を付けたいお酒のこと
女性の方が男性よりもお酒に弱い理由
女性の方が男性よりもお酒に弱い理由

このページの先頭へ戻る