飲み会で心得ておきたいビジネスマナー

社会人になったら、歓送迎会、納涼会、忘年会、
お得意様の接待など飲み会に参加する機会が多々出てきます。
こちらのような洒落たお店を利用する機会も増えることでしょう。
飲み会は居酒屋にて行われることが多いのですが、
学生時代と同じ感覚で飲み会に参加してはいけません。
社会人なら知っておくべきマナーやルールがありますので、
それを心得ておきましょう。

 

まず飲み会には基本的に遅刻は厳禁です。
たとえそれが会社の飲み会であっても、
時間に遅れてくると言うことは周りの人に対して失礼にあたります。
もしも仕事などが終わらず遅れてしまうようなことがあれば、
事前に参加者や飲み会を開催する居酒屋に連絡を入れておくようにしましょう。
ましてこれが接待なら仕事を途中で切り上げてでも、
約束の時間に遅れてはいけません。
相手は大切なお客様ですし、
時間を作って来て頂いているのですから遅れてはいけないのです。

 

また居酒屋での座り位置ですが暗黙の了解で座る席が決まっています。
上座と下座と呼ばれる席があり、
入り口よりもっとも遠い席の方に、
上司や接待咲の方が座るのがビジネスマナーです。
これは接待の時だけでなく、
会社の飲み会でも適用する常識ですから
失礼のないようにしっかりと覚えておきましょう。

 

席について飲み会が始まると乾杯から始まりますが、
乾杯の時にグラスを合わせると思います。
その時のグラスの高さですが、
目上の相手よりも自分のグラスを上にしてはいけないと言うマナーがあるのです。
そして乾杯が終わったら出されている料理に早速手を付けたいところですが、
ここも我慢が必要です。目上の方が箸をつけてからというルールがありますので、
それを守るようにしましょう。

関連ページ

貸切パーティでお酒トラブルを予防
貸切パーティでお酒トラブルを予防
飲み会で終電を逃さないためには
飲み会で終電を逃さないためには
会計を円滑に済ませる
会計を円滑に済ませる
鉄の塊が凶器と化す
鉄の塊が凶器と化す
1人で飲み過ぎないために
1人で飲み過ぎないために
女子会で気を付けたいお酒のこと
女子会で気を付けたいお酒のこと
女性の方が男性よりもお酒に弱い理由
女性の方が男性よりもお酒に弱い理由
アルハラの5つの定義
アルハラの5つの定義

このページの先頭へ戻る