ダイエット中のお酒の飲み方

何かと気を配らなければいけないダイエットですが、
特に食事制限には細心の注意を払いたいところです。
現代人は昔に比べて大幅に運動量が低下しているにもかかわらず、
より多くのカロリーを摂取するようになっているので、
生活習慣を意識して改善しないと中々体重を落とすことが出来ないといわれています。
そんな状況で居酒屋などでお酒を飲むと、
高カロリーな料理を大量に食べ、糖質を含んだアルコール飲料を飲んでと、
ダイエットに失敗するきっかけがどんどん積み重なっていきます。
ダイエットを成功させるためにも、どうやってお酒を飲めばよいのかしっかり理解しましょう。

 

ダイエット中はまったくお酒を飲まないのが一番確実です。
しかし、普段からお酒を飲むことが多いという方の場合、
大幅な生活改善は大きなストレスにつながります。
さらに、会社勤めだと何かと飲む機会ができるので、
理想的なダイエット生活を送ることは困難です。
そのためダイエット中は肥満につながる糖質を多く含んだ日本酒やビールなどを避けるのがいいです。
そして、ワインやハイボールといったお酒を飲むようにすると、
余計な糖質摂取を避け、お酒による肥満を防ぐことが出来ます。

 

ダイエット中にお酒を飲む際は、糖質が低いお酒を選ぶだけでなく、
飲む量も極力制限するようにしましょう。アルコールには腎臓や肝臓など、
体内の老廃物を取り除くための器官を働かせて、
糖質などの肥満につながる余計なエネルギーを分解する暇を奪います。
それにより、それらの器官の働きを鈍らせることが出来るので、
余計に肥満になりやすくなってしまいます。
なので身体の器官を正常に動かし続けるためにも、
アルコールの摂取は極力抑えて、
ほろ酔いになる程度の酒量を限度としてください。

 

 

関連ページ

健康に良いお酒の飲み方
健康に良いお酒の飲み方
痩せたいけど飲みたいという人へ
痩せたいけど飲みたいという人へ
気を付けたい飲み合わせとは
気を付けたい飲み合わせとは
飲み会で太らないために
飲み会で太らないために
太りにくい居酒屋メニュー
太りにくい居酒屋メニュー
お酒で太るのはどうして?
お酒で太るのはどうして?
身体に良いお酒とは
身体に良いお酒とは
飲み合わせで悪酔いするケース
飲み合わせで悪酔いするケース
飲み会で飲み過ぎないために取るべき対策
飲み会で飲み過ぎないために取るべき対策
妊娠中は飲酒厳禁
妊娠中は飲酒厳禁

このページの先頭へ戻る