二日酔いが起こるメカニズム

嫌なことがあったり、お酒の席の場が楽しいと
つい飲み過ぎてしまうことがあります。

 

お酒を飲み過ぎてしまうと、
翌日二日酔いになってしまい飲み過ぎたことを酷く後悔するのです。
場合によっては飲んでいる居酒屋で気分が悪くなってしまうこともあります。

 

最初から飲み過ぎないように気を付けているつもりでも、
その場になるとコントロールがきかなくなってしまって
お酒をたくさん飲んでしまうのです。

 

ところでなぜ二日酔いの症状が出てしまうのでしょうか。
二日酔い対策を取る前にそのメカニズムについて理解しましょう。

 

二日酔いが起こる原因は実は複数考えられます。
その一つが原因であったり、
複数の原因が組み合わされて起こることもあります。

 

二日酔いが起こるのはアルコールが抜けることで起こる
離脱症状によってもたらされるのです。

 

お酒を飲む量が増えると、
アルコール依存症という病気と診断されることがあります。

 

お酒は麻薬ほどではないものの、
中毒性があるためこれが体から抜けていくと
自律神経の働きを乱してしまって、
二日酔い特有の症状である吐き気や体の震えといった
症状が出てきてしまうのです。

 

またアルコールには利尿作用があるため、
お酒を飲む量が増えると尿がたくさんでていき体が脱水状態に陥ります。
すると喉が乾いたり体調不良を引き起こしてしまうのです。

 

過度のアルコールは体にとって毒となってしまいますので、
それを肝臓で解毒します。

 

ところが肝臓の分解能力が追い付かないと、
アセトアルデヒドと呼ばれる物質が体内で増えて
吐き気などの症状を引き起こすのです。
 

関連ページ

二日酔いを予防する飲み方
二日酔いを予防する飲み方
蒸留酒で二日酔い対策
蒸留酒で二日酔い対策
飲んでいるときにとりたい二日酔い対策
飲んでいるときにとりたい二日酔い対策
飲む前に取りたい二日酔い対策
飲む前に取りたい二日酔い対策
アルコール度数と酔いやすさの関係
アルコール度数と酔いやすさの関係
日本人がお酒に弱い理由
日本人がお酒に弱い理由
甘くて飲みやすいのにアルコール度数が高いカクテル
甘くて飲みやすいのにアルコール度数が高いカクテル

このページの先頭へ戻る