幹事に求められる配慮とは

飲み会の幹事といえば、皆さんはどのような仕事を思い浮かべるでしょうか?
飲み会の流れとともに見ていくと、お店の予約、
出欠者の確認、飲み会当日の振る舞いという3点に分類されます。
この中でも、幹事ごとに大きく差が出てしまうのが飲み会当日の振る舞いです。
お店の予約や出欠者の確認は、出席者や上司、先輩の意見を参考にしながら行えば、
大きなミスをする可能性は低くなります。
一方で、飲み会当日の振る舞いはまさに幹事である皆さんの資質が問われるのです。
今回は、出席者全員が気持ちよく過ごせるように、幹事の方が身に着けておきたい配慮についてご紹介します。
最初に注意していただきたいのは、食事やお酒に関する参加者の好みです。
お酒が飲めない人は、ビールに口を付けるのも苦痛です。
そんな人のために、ウーロン茶などのソフトドリンクを事前に用意してあげる必要があります。
単にお酒が苦手という人だけではなく、妊娠中や薬を飲んでいる人にもお酒を飲ませてはいけません。
女性の参加者が多い場合には、お酒を飲んでも大丈夫な体調か聞いておくのも幹事の仕事といえます。
また、食べ物のアレルギーを持っている人がいる場合には、
それを食べずに済むように配慮したメニューを注文しておきましょう。
場を盛り上げるような工夫も幹事の役割です。
テーブル席のように特定の人だけと話しがちな席が採用されている居酒屋では、
定期的に席替えタイムを設けて様々な人とおしゃべり出来るような機会を作ってみてください。
中だるみを防止するために、余興を用意しておくのも良いでしょう。
参加者に対して絶えず気を配っていることが、幹事には求められているのです。

 

 

関連ページ

お酒好きだからこそ肝臓に優しく
お酒好きだからこそ肝臓に優しく
飲み過ぎてしまった人の介助の方法
飲み過ぎてしまった人の介助の方法
忘年会でお店を決めるポイント
忘年会でお店を決めるポイント
会社の忘年会の席順決めのコツ
会社の忘年会の席順決めのコツ
幹事を任されたら見せておきたい心遣い
幹事を任されたら見せておきたい心遣い
参加者に合わせたお店選び
参加者に合わせたお店選び
結婚式二次会を円滑に進める
結婚式二次会を円滑に進める
会社の飲み会をスムーズに進行
会社の飲み会をスムーズに進行
同窓会を楽しく過ごすために
同窓会を楽しく過ごすために

このページの先頭へ戻る