健康を意識したお酒の飲み方記事一覧

よくお酒は健康を害するものといわれています。実際アルコールの過剰摂取は依存症の原因にもなりますし、肝臓や腎臓、すい臓といった器官の寿命を縮め、ひどい場合は日常生活を続けることも困難になるほどの事態に陥りかねません。他にも様々な悪影響が現れるといわれていますが、あくまでこれらの症状は処理しきれない量を飲み続けた方に限った話で、適切な量を常に守り続けることで、健康に良いお酒の飲み方が出来るようになりま...
ダイエット中はストレスがたまるということをみなさんもご存知だと思います。痩せなくてはというプレッシャーと、いつもと違う生活習慣を続けることによるストレスは、皆さんの精神だけでなく肉体も蝕んでいくのです。我慢を重ね過ぎると身体に毒ですし、ダイエットも上手くいきません。お酒が好きという人は、少量を嗜むというのもダイエット中の気晴らしになることでしょう。そこで今回はダイエット中に試していただきたいお酒の...
お酒を愛飲している皆さんにとって常に注意を払わなくてはいけない問題といえば飲み合わせです。お酒単体で飲んでいるのであれば問題ありませんが、それ以外の食品やアルコール同士で飲み合わせていると思わぬ健康被害を招くことがあります。そこで今回は、お酒を飲むときに気を付けていただきたい飲み合わせについて詳しく見ていきましょう。有名なものでいうと、薬とアルコールは非常に危険な飲み合わせです。アルコールの成分が...
ダイエット中という方や、最近肥満が気になるようになってきたという方は、お酒の飲み方を改めて考える必要があります。考えなしにお酒を飲むとそれだけで肥満になりやすくなりますし、居酒屋メニューも肥満につながる高カロリーな食品を数多く販売しています。肥満が続けばそれだけ病気になるリスクも高まってくるので、より健康的な生活を送るためにも、飲み会があっても太らない方法を考えてみましょう。飲み会で利用するお店の...
居酒屋で出される料理には高カロリーなものも多く含まれています。居酒屋ではお酒を飲むという方が大半だと思いますが、アルコールには内臓の働きを鈍らせる効果があり、高カロリーの食品を食べると余計な栄養を分解したり排出したりすることが出来なくなってしまい、余計に太りやすくなるといわれています。なので肥満を避けたいという方は、居酒屋メニューの中でも特に低カロリーな料理を食べるようにすることで、余計なカロリー...
よくダイエット中にお酒を飲まないほうが良いといわれているのは、お酒を飲むと太るからといわれています。一見するとカロリーを含んでいないように見えるお酒ですが、中に含まれる成分によっては肥満につながるケースがあるので、お酒を飲むと太るというのも間違いとは決していえません。とはいえ飲み方次第では肥満をある程度防ぐことも出来るので、ダイエット中にお酒を安心して飲めるようになるためにも、お酒で太るメカニズム...
酒は百薬の長という言葉が物語るように、お酒の中には適量を飲むことで健康な身体を形成する手助けをしてくれるものがあります。最近取り沙汰されているのがワインのもつ健康効果です。そこで今回は、ワインを飲む際に知っておくと嬉しい健康に関する知識をご紹介します。赤ワインに含まれるポリフェノールは、心臓の疾患を予防する効果があることが分かっています。なぜ赤ワインかというと、ブドウの皮にこうした栄養素が含まれて...
何かと気を配らなければいけないダイエットですが、特に食事制限には細心の注意を払いたいところです。現代人は昔に比べて大幅に運動量が低下しているにもかかわらず、より多くのカロリーを摂取するようになっているので、生活習慣を意識して改善しないと中々体重を落とすことが出来ないといわれています。そんな状況で居酒屋などでお酒を飲むと、高カロリーな料理を大量に食べ、糖質を含んだアルコール飲料を飲んでと、ダイエット...
日によって、お酒の飲む量は大して変わらないのに、悪酔いする日としない日があったりしませんか?その日の体調も影響しますが、それ以上に影響しているのは、飲み合わせです。悪酔いする日は、飲み合わせが悪い可能性が高いと言えます。では、どのような飲み合わせが、悪酔いしてしまうのか、いくつかパターンを紹介したいと思います。基本的に、1種類のお酒で量を飲んだ場合は、肝臓で素早く分解されるので、悪酔いはしません。...
飲み会に行くとその場の雰囲気にのまれて、自分のキャパシティー以上に飲み過ぎてしまうことがあります。そうなると辛いのは自分自身です。酔いが酷ければ居酒屋にてつぶれてしまって、その場にいる人に迷惑をかけることになりますし、酷い二日酔いが続いて翌日に影響するかもしれないのです。そうならない前に自分である程度お酒を飲む量をセーブすること、お酒の影響を少しでも和らげるような対策を取ることが重要になってきます...
成人していても飲酒を控えるべきといわれているのが妊娠中の方々です。その理由は未成年と同様です。これから成長する胎児にとって、アルコールは劇薬のようなものといって良いでしょう。生れてくる赤ちゃんが胎児性アルコール症候群に悩まされないためにも、禁酒は必須なのです。妊娠中のお母さんがお酒を飲んでしまうと、知的障害や脳性小児麻痺、行動障害などを持った赤ちゃんが生まれる確率を高めてしまいます。着床が済んで間...

このページの先頭へ戻る