二日酔いを予防する飲み方

飲み会の席で羽目を外してしまうと、二日酔いに悩まされてしまうことがありますよね。
せっかく楽しかったお酒の席も、頭痛は吐き気のせいで良い思い出とは言い難くなってしまいます。

 

そこで今回は、二日酔いを予防するための飲み方について詳しく見ていきましょう。
二日酔いを引き起こす原因には様々なものが考えられますが、最も気を付けていただきたいのが急ピッチでお酒を飲み続けることです。

 

こうした飲み方は肝臓を急激に働かせることでお酒の吸収が早まりますし、急性アルコール中毒も引き起こしかねません。
お酒が好きでどうしても早く飲んでしまうという人は、おつまみを積極的に食べるようにしましょう。

 

おつまみを食べることでお酒を飲むまでの間に時間が生まれます。
さらには、胃腸の中に何かかしらの食物を入れておいた方がお酒の吸収速度を遅くすることが出来るのです。

 

飲み会の前に軽く食べておくのも二日酔い対策です。
特におすすめなのが脂肪分を含む食材です。
脂肪の吸収には時間がかかるため、後から入ってくるアルコールが身体に浸透するのを防いでくれます。

 

バターやオリーブオイル、ナッツといった脂肪分の多い食品を飲み会の1時間から30分前までに食べることで、胃腸を万全な状態にしてから飲み会に臨みましょう。
脂肪分という観点からいうと、牛乳などの乳製品は二日酔い予防の効果が高いとはいえません。

 

お腹を満たすという意味でなら多少の効果は望めますが、それであれば他の食品でも補うことが出来ます。
二日酔いに苦しみたくないという人は、飲むペースや飲む前のお腹の状態に考慮してから飲み会に出掛けてください。

 

 

関連ページ

蒸留酒で二日酔い対策
蒸留酒で二日酔い対策
飲んでいるときにとりたい二日酔い対策
飲んでいるときにとりたい二日酔い対策
飲む前に取りたい二日酔い対策
飲む前に取りたい二日酔い対策
二日酔いが起こるメカニズム
二日酔いが起こるメカニズム
アルコール度数と酔いやすさの関係
アルコール度数と酔いやすさの関係
日本人がお酒に弱い理由
日本人がお酒に弱い理由
甘くて飲みやすいのにアルコール度数が高いカクテル
甘くて飲みやすいのにアルコール度数が高いカクテル

このページの先頭へ戻る