蒸留酒で二日酔い対策

お酒を飲み過ぎたら二日酔いになることがわかっていても、
つい飲み過ぎて後悔してしまう二日酔いを繰り返すことがあります。

 

一度大きな失敗を経験すると
もう二度とこんなになるまでお酒を飲まないと考えるようになるでしょう。

 

そうなる前にお酒の量をセーブできたほうがいいですよね。

 

そのための対策として、
酔いやすいお酒の種類を心得ておくことも重要だと思います。

 

人によってお酒の好みがあると思いますが、
お酒には酔いが回りやすいお酒と回りにくいお酒があるのです。
 
その見分け方は醸造酒か蒸留酒かどうかの違いです。

 

これは製造過程による違いなのですが、
醸造酒は製造段階において発酵した後の処理を行いませんので、
お酒の種類によっては複数の種類のアルコールが含まれてしまっています。
この種類の多さが味に深みを持たせてくれると言うメリットがあるのですが、
それがアルコールの吸収と分解を遅くする原因にもなってしまうのです。

 

そのため醸造酒をたくさん飲んでしまうと、
酔いが回りやすくなると言われています。

 

ちなみに醸造酒として代表的なのが
ビール、ワイン、日本酒です。
居酒屋でも定番メニューですからつい飲み過ぎてしまう事もあるでしょう。

 

そしてもう一種類の蒸留酒ですが、
これは製造過程で不純物を取り除くため、
体内で分解されやすく酔いが残りにくくなるのです。

 

蒸留酒で代表的な種類といえば、
ウィスキー、焼酎、ブランデーです。
これらのお酒は単体ではアルコール度数が高いのですが、
カクテル、水割り、ソーダ割りにすることで
アルコール度数を低くすることが可能です。

 

二日酔いを防止したい、けれどお酒を楽しみたい方は
蒸留酒を飲むようにするのがおすすめです。

関連ページ

二日酔いを予防する飲み方
二日酔いを予防する飲み方
飲んでいるときにとりたい二日酔い対策
飲んでいるときにとりたい二日酔い対策
飲む前に取りたい二日酔い対策
飲む前に取りたい二日酔い対策
二日酔いが起こるメカニズム
二日酔いが起こるメカニズム
アルコール度数と酔いやすさの関係
アルコール度数と酔いやすさの関係
日本人がお酒に弱い理由
日本人がお酒に弱い理由
甘くて飲みやすいのにアルコール度数が高いカクテル
甘くて飲みやすいのにアルコール度数が高いカクテル

このページの先頭へ戻る