飲み過ぎてしまった人の介助の方法

お酒を飲み過ぎてしまって、
一緒に居酒屋で飲んでいた友人や会社の同僚、
上司に介抱された経験はありませんか。

 

もしも一緒に飲んでいる誰かが酔いつぶれてしまったときは、
優しく介抱してあげましょう。

 

酔い潰れてしまった場合、
本人が一番苦しいと思いますので
周りが飲みすぎに気が付くことも大切だと思います。

 

親しい間柄ならその人がどれだけお酒を飲めるのも知っていると思いますので、
いつも以上に飲み過ぎているとい感じたら
途中で水やソフトドリンクをすすめるなどして、
飲み過ぎないように周りがブレーキをかけてあげるのです。

 

また酔いが早く回らないように、
適度に食べ物をすすめるようにしましょう。

 

しかしそれでも酔っぱらってしまったときはどうすればよいのでしょうか。

 

もしも気分の悪さを訴えたら、トイレに連れて行きましょう。
居酒屋の中で嘔吐してしまったら、
お店の方にも迷惑をかけてしまいます。

 

介抱をするなら同性の方のほうがトイレにも連れて行きやすいと思います。
トイレでしばらく吐かせてみて様子をみましょう。
万が一のためにお店の方に嘔吐してもいいように
袋やおしぼりを多めにもらっておくと安心です。

 

また気分転換に一度店の外に連れだすのもいいでしょう。
外に連れ出すことで少しでも気分が和らぐことがあります。
しかし酔いつぶれて寝てしまったときは、
無理に動かそうとすると余計に気分が悪くなることもあるので、
しばらく寝かせて様子をみましょう。

 

体を締め付けていると気分が余計に悪くなるので
ボタンやベルトを外してリラックスさせます。
 

関連ページ

幹事に求められる配慮とは
幹事に求められる配慮とは
お酒好きだからこそ肝臓に優しく
お酒好きだからこそ肝臓に優しく
忘年会でお店を決めるポイント
忘年会でお店を決めるポイント
会社の忘年会の席順決めのコツ
会社の忘年会の席順決めのコツ
幹事を任されたら見せておきたい心遣い
幹事を任されたら見せておきたい心遣い
参加者に合わせたお店選び
参加者に合わせたお店選び
結婚式二次会を円滑に進める
結婚式二次会を円滑に進める
会社の飲み会をスムーズに進行
会社の飲み会をスムーズに進行
同窓会を楽しく過ごすために
同窓会を楽しく過ごすために

このページの先頭へ戻る