会計を円滑に済ませる

会社の同僚や先輩、友人とともにお酒を楽しむ飲み会には必ずお金がかかります。
大抵は幹事となった人がお金を預かり、会計するという流れが一般的です。
ただし、どのようにお金を集めて会計するのかという点を事前に確認しておかないと、
せっかくの飲み会に水を差してしまうことになりかねないのです。
今回は、飲み会時の会計を円滑に済ませるためのコツをご紹介します。
最も簡単な方法は、バーや居酒屋が用意しているプラン及びコース料理を利用するというものです。
飲み放題付きの5000円コースなど、
最近の飲食店では料理と飲み放題がセットになったプランやコースを用意していることが少なくありません。
こういったコースのメリットは、参加者が事前にいくらお金を払えばよいか知ることが出来るという点です。
5000円のコースで飲み会を開くのであれば、
出席の有無や会場をお知らせする際に、会費は5000円だと必ず知らせておきましょう。
いくらお金を使うかわからないという状況だと、
飲み会を思い切り楽しめないという人もいるかもしれないからです。
コース料理やプランを採用しないのであれば、
会計は全員で割り勘する旨を必ず伝えておいてください。
割り勘する際には、携帯電話の電卓機能を使う人がほとんどだと思います。
それももちろん便利なのですが、
最近では割り勘を計算するためのアプリケーションまで登場していることをご存知でしょうか?
例えば、お酒を飲まない人など明らかに注文した品数が少ない人に対して、
たくさんお酒を飲んだ人と同じだけ請求するのは酷ですよね。
割り勘用のアプリであれば、
お酒を飲んだ人とそうでない人のように参加者をグループ分けしたうえで割り勘計算が出来るのです。
以上のような工夫を施して、円滑に会計を済ませましょう。

 

 

関連ページ

貸切パーティでお酒トラブルを予防
貸切パーティでお酒トラブルを予防
飲み会で終電を逃さないためには
飲み会で終電を逃さないためには
鉄の塊が凶器と化す
鉄の塊が凶器と化す
飲み会で心得ておきたいビジネスマナー
飲み会で心得ておきたいビジネスマナー
1人で飲み過ぎないために
1人で飲み過ぎないために
女子会で気を付けたいお酒のこと
女子会で気を付けたいお酒のこと
女性の方が男性よりもお酒に弱い理由
女性の方が男性よりもお酒に弱い理由
アルハラの5つの定義
アルハラの5つの定義

このページの先頭へ戻る