幹事を任されたら見せておきたい心遣い

幹事になると忘年会前の準備、忘年会の時も参加者が楽しめているか、
忘年会後の支払いなどしばらくは幹事としての仕事に忙しくなります。
幹事の仕事は大変かもしれませんがここで成功すると、
会社内での評価、評判も高くなるはずです。
忘年会で喜ばれる気配りの事例を紹介しますので、
もしも幹事を任されたらやってみてください。
まず時間通りに会をすすめられるように皆さんに声をかけるのも幹事の気配りです。
誰かが時間に遅れると会場についている人や居酒屋のスタッフの方を待たせることにもなります。
また忘年会では利用時間が限られてしまうことが多いため、
開始が遅れると忘年会の時間が短縮されることにもなりかねません。
忘年会当日はメールなどで皆さんに時間通りに集合してもらえるように声をかけておきましょう。
幹事は出入り口に座って、皆さんの動向をしっかりと見守りましょう。
もしもグラスが空いている人を見つけたら、
率先して声をかけてお替りを聞いて店員さんにオーダーする、
あいている食器やグラスを見つけたら、
それを下げてもらうように頼むなどの配慮を見せると喜ばれます。
また忘年会中に会話に入れないような人を見つけたら、
その人のそばに言って話しかける、話の輪に入れるような話題を振るなどして、
参加者みんなで楽しめるようにしていくのです。
飲み会の途中や最後にソフトドリンクを頼む配慮を見せておくと喜ばれます。
お酒の弱い人や、飲み過ぎてしまったときはソフトドリンクが飲みたくなるからです。
最後に皆さんの忘れ物がないかをチェックしておくのも幹事の見せる心遣いです。
 

関連ページ

幹事に求められる配慮とは
幹事に求められる配慮とは
お酒好きだからこそ肝臓に優しく
お酒好きだからこそ肝臓に優しく
飲み過ぎてしまった人の介助の方法
飲み過ぎてしまった人の介助の方法
忘年会でお店を決めるポイント
忘年会でお店を決めるポイント
会社の忘年会の席順決めのコツ
会社の忘年会の席順決めのコツ
参加者に合わせたお店選び
参加者に合わせたお店選び
結婚式二次会を円滑に進める
結婚式二次会を円滑に進める
会社の飲み会をスムーズに進行
会社の飲み会をスムーズに進行
同窓会を楽しく過ごすために
同窓会を楽しく過ごすために

このページの先頭へ戻る