お酒好きだからこそ肝臓に優しく

飲み会でお酒を飲むのが大好きという人は、ご自身の肝臓をどれくらい労わっているでしょうか?
肝臓はあらゆる食物の消化や吸収に関わっています。
その中でもお酒は、身体が最優先に分解しなくてはいけない物質なのです。
お酒を飲むと二日酔いになってしまうのは、アルコールの分解に体内の栄養が使われ、
一時的に栄養失調に陥ってしまうことが理由といわれています。
体内の栄養を総動員しなくてはいけないほどアルコールの分解は大変なのです。
そんなお酒を少しでも長く楽しみたいのであれば、肝臓に優しい生活を心掛けましょう。
肝臓は他の臓器と同様にタンパク質を原料として作られています。
つまり、肝臓の働きを促進するにはタンパク質を効率的に摂取する必要があるということです。
ただし、肝臓は脂質を分解する際に大きな負担がかかるため、お肉だけでタンパク質を摂ろうとするのは危険です。
大豆や乳製品、魚介類など、肝臓に優しいタンパク質を意識的に摂取しましょう。
牡蠣やシジミ、イカなどに含まれるタウリンという栄養素は肝臓の働きを活発にしてくれますから、
こういった食品を定期的に食べておきたいところです。
調理方法にしても、なるべく油を使わないサラダやお刺身がおすすめです。
反対に、油で揚げたフライなどは肝臓の負担になってしまいます。
生活習慣にも注意が必要です。
肝臓は、私たちが起きている間中働いています。
睡眠中は比較的活動が静かになるのですが、
夜更かしや不規則な睡眠は数少ない肝臓の休憩タイムを奪ってしまうのです。
肝臓に負担をかけないためには、しっかりと睡眠時間を確保しましょう。
ストレスは胃に悪いといいますが、肝臓にも悪影響を与えます。
ストレスを感じていると交感神経が働き、臓器の働きを司る副交感神経が上手く動かなくなるのです。
ストレスを溜めているときに居酒屋へと駆け込みやけ酒をしてしまうと、
肝臓に大きな負担をかけることになりかねません。
肝臓を労わるような生活習慣を身に着けて、お酒を楽しみましょう。

 

 

関連ページ

幹事に求められる配慮とは
幹事に求められる配慮とは
飲み過ぎてしまった人の介助の方法
飲み過ぎてしまった人の介助の方法
忘年会でお店を決めるポイント
忘年会でお店を決めるポイント
会社の忘年会の席順決めのコツ
会社の忘年会の席順決めのコツ
幹事を任されたら見せておきたい心遣い
幹事を任されたら見せておきたい心遣い
参加者に合わせたお店選び
参加者に合わせたお店選び
結婚式二次会を円滑に進める
結婚式二次会を円滑に進める
会社の飲み会をスムーズに進行
会社の飲み会をスムーズに進行
同窓会を楽しく過ごすために
同窓会を楽しく過ごすために

このページの先頭へ戻る