身体に良いお酒とは

酒は百薬の長という言葉が物語るように、お酒の中には適量を飲むことで健康な身体を形成する手助けをしてくれるものがあります。
最近取り沙汰されているのがワインのもつ健康効果です。
そこで今回は、ワインを飲む際に知っておくと嬉しい健康に関する知識をご紹介します。

 

赤ワインに含まれるポリフェノールは、心臓の疾患を予防する効果があることが分かっています。
なぜ赤ワインかというと、ブドウの皮にこうした栄養素が含まれているからです。
活性酸素という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

活性酸素は体内を老化させる物質で、体内に蓄積することで様々な健康被害を引き起こします。
赤ワインのポリフェノールは活性酸素を取り除く力にも優れており、健康寿命を延ばしたいという人には最適なお酒なのです。
血管は身体中に栄養素や酸素を運ぶ幹線道路としての役割を担っています。

 

しかし、動脈硬化によって血管が硬くなってしまうと、道路が渋滞を起こし、心筋梗塞をはじめとした甚大な疾患に結びつくことも少なくありません。
赤ワインのポリフェノールは血管の柔軟性を保つうえでも重要な役割を果たしていることがわかっているのです。
一方で、白ワインは腸内の環境を整える効果があると言われています。

 

ミネラルとカルシウムが豊富に含まれていることから、骨を丈夫にしつつ体調を安定させることが可能なのです。
ただし、いくらワインが健康に良いとはいっても飲み過ぎは厳禁です。
適量としてはグラス1杯から2杯程度で、一気飲みではなく食事と一緒にゆっくり飲むことをおすすめします。

 

最近では居酒屋やレストランなどの飲食店だけでなく、コンビニやスーパーでも気軽にワインを購入出来るようになりました。
健康な身体をいつまでも維持していきたいという人は、ぜひ1杯のワイン生活を始めてみましょう。

 

 

関連ページ

健康に良いお酒の飲み方
健康に良いお酒の飲み方
痩せたいけど飲みたいという人へ
痩せたいけど飲みたいという人へ
気を付けたい飲み合わせとは
気を付けたい飲み合わせとは
飲み会で太らないために
飲み会で太らないために
太りにくい居酒屋メニュー
太りにくい居酒屋メニュー
お酒で太るのはどうして?
お酒で太るのはどうして?
ダイエット中のお酒の飲み方
ダイエット中のお酒の飲み方
飲み合わせで悪酔いするケース
飲み合わせで悪酔いするケース
飲み会で飲み過ぎないために取るべき対策
飲み会で飲み過ぎないために取るべき対策
妊娠中は飲酒厳禁
妊娠中は飲酒厳禁

このページの先頭へ戻る