気を付けたい飲み合わせとは

お酒を愛飲している皆さんにとって常に注意を払わなくてはいけない問題といえば飲み合わせです。
お酒単体で飲んでいるのであれば問題ありませんが、それ以外の食品やアルコール同士で飲み合わせていると思わぬ健康被害を招くことがあります。
そこで今回は、お酒を飲むときに気を付けていただきたい飲み合わせについて詳しく見ていきましょう。

 

有名なものでいうと、薬とアルコールは非常に危険な飲み合わせです。
アルコールの成分が神経を抑制し、薬が本来持つ力を高めたり、効果を薄くしたりといった現象が起こるのです。
薬やアルコールの配分だけでなくその人の体質によっても効果が変わってきます。

 

そのため、「自分は大丈夫だったから」という他人の勧めに従ってお酒と薬を一緒に飲むことも止めましょう。
お酒同士を混ぜ合わせるのもおすすめ出来ません。
ビールやスパークリングワインといったお酒にアルコール度数の高い蒸留酒を混ぜて飲むと、一気に酔いが回ることがあります。

 

これは、炭酸の成分が胃腸での吸収を促進する働きを持つことから起きる現象です。
吸収率の高い飲料といえばスポーツドリンクが挙げられます。

 

こちらもまたお酒と一緒に飲むことで悪酔いを招く飲料の一種なので、飲む際には注意してください。
様々なお酒を飲み比べたいという人は、おつまみなどを挟みながらアルコール同士がお腹の中で混ざらないように時間を空ける必要があります。

 

また、カフェインとお酒を同時に飲むのも控えた方が良いでしょう。
どちらも急性中毒を招く恐れがある成分であり、飲み会という席であればつい羽目を外して飲んでしまうことがありえます。

 

刺激の強い成分が体内で混ざり合うことは胃腸に大きな負担をかけてしまうのです。
健康を守りつつ楽しく飲みたいという人は、ぜひ危険な飲み合わせに関する知識を頭に入れておきましょう。

 

 

関連ページ

健康に良いお酒の飲み方
健康に良いお酒の飲み方
痩せたいけど飲みたいという人へ
痩せたいけど飲みたいという人へ
飲み会で太らないために
飲み会で太らないために
太りにくい居酒屋メニュー
太りにくい居酒屋メニュー
お酒で太るのはどうして?
お酒で太るのはどうして?
身体に良いお酒とは
身体に良いお酒とは
ダイエット中のお酒の飲み方
ダイエット中のお酒の飲み方
飲み合わせで悪酔いするケース
飲み合わせで悪酔いするケース
飲み会で飲み過ぎないために取るべき対策
飲み会で飲み過ぎないために取るべき対策
妊娠中は飲酒厳禁
妊娠中は飲酒厳禁

このページの先頭へ戻る