会社の忘年会の席順決めのコツ

会社の忘年会は部署ごとに行うこともあれば、
会社全体で行うこともあるでしょう。
会社全体で行う場合ですが、
会社の規模によっては相当な数が一度に集まって飲み会を行うことになります。
その場合、会を円滑にすすめるために、
幹事が任命されてその人を中心に会場となる居酒屋を決めたり、
当日の進行を決めていくと思います。
参加者全員に楽しんでもらうためにも幹事は細部にまで気を配らなくてはいけません。
会場となる居酒屋を探すのも大変ですが、
居酒屋が決まったら席順も決めなくては行けません。
席なんて自由に座っていいのでは?
と思うかもしれませんが、人数が多いと居酒屋の宴会会場も広く、
どこに座っていいかが判断しづらいのです。
そうすると席に着くまでに時間がかかり、
会の開始が遅れてしまうことにもなりかねません。
また自由に席を決めさせると仲の良い人どうして近くに座ることになるため、
それにあぶれてしまうと飲み会の間も話をする人がおらず退屈な思いをさせてしまいます。
そこである程度幹事が席を決めてしまいましょう。
先に決めるのが重役たちの座る上座の席です。
入り口から最も遠いところから役職の高い順番に席を割り振っていきましょう。
そして幹事は忘年会全体を見渡せるよう、
遅れてきた方にすぐに席を案内できるよう、
そして居酒屋の店員さんを呼びやすいように入り口の近くに席を設けます。
これを最初に決めてしまってから、残りの席順を決めていきます。
席の決め方ですが、基本的に年配者から奥に座っていただくのですが、
中には仲が悪い社員同士は離して座らせるなどの配慮も必要です。

 

 

関連ページ

幹事に求められる配慮とは
幹事に求められる配慮とは
お酒好きだからこそ肝臓に優しく
お酒好きだからこそ肝臓に優しく
飲み過ぎてしまった人の介助の方法
飲み過ぎてしまった人の介助の方法
忘年会でお店を決めるポイント
忘年会でお店を決めるポイント
幹事を任されたら見せておきたい心遣い
幹事を任されたら見せておきたい心遣い
参加者に合わせたお店選び
参加者に合わせたお店選び
結婚式二次会を円滑に進める
結婚式二次会を円滑に進める
会社の飲み会をスムーズに進行
会社の飲み会をスムーズに進行
同窓会を楽しく過ごすために
同窓会を楽しく過ごすために

このページの先頭へ戻る