結婚式二次会を円滑に進める

年齢を重ねると、友人や知り合いの結婚式に参加する機会が増えてきます。
ときには、友人の結婚式二次会を企画、進行しなければいけない立場を経験することもあるでしょう。
結婚式二次会は当然ながらお酒が振る舞われるイベントです。
今回は、お酒に焦点を当てながら結式二次会を円滑に進めるポイントをご紹介します。
結婚式の二次会では会のはじまりの前にウェルカムドリンクとともに歓談していただくのが一般的な流れとなっています。
このウェルカムドリンクの中に、お酒を入れるべきかどうか悩む人もいることでしょう。
基本的に、結婚式二次会は披露宴に参加した人たちがもう一度集まる場ですから、気持ちを切り入変えるという意味でもお茶やジュースで済ませるのが原則です。
しかし、二次会から参加する人が多い場合や、お酒好きの方が二次会に多く集まるならこの限りではありません。
新郎新婦と相談したうえで、お酒をウェルカムドリンクに入れるべきか決定してください。
次に気を付けておきたいのが、二次会の参加者とドリンクの種類です。
結婚式の二次会には新郎新婦の親戚も大勢参加します。
その中には、未成年のお子さんを連れた親子もいるかもしれません。
こういった方々にも結婚式二次会を楽しんでもらうには、料理やお酒の提供方法を工夫する必要があります。
立食形式を採用しているのであれば、子供でも料理が取りやすいように低いテーブルを用意しておきましょう。
テーブルに着きながら行うのであれば、お子様向けのメニューを会場となる居酒屋やレストラン側に注文しておくことをおすすめします。
もちろん、お子さんはお酒を飲めませんから、ジュースを提供することも忘れないでください。
以上の点に気をつけながら、思い出に残るような結婚式二次会をお楽しみください。

 

 

関連ページ

幹事に求められる配慮とは
幹事に求められる配慮とは
お酒好きだからこそ肝臓に優しく
お酒好きだからこそ肝臓に優しく
飲み過ぎてしまった人の介助の方法
飲み過ぎてしまった人の介助の方法
忘年会でお店を決めるポイント
忘年会でお店を決めるポイント
会社の忘年会の席順決めのコツ
会社の忘年会の席順決めのコツ
幹事を任されたら見せておきたい心遣い
幹事を任されたら見せておきたい心遣い
参加者に合わせたお店選び
参加者に合わせたお店選び
会社の飲み会をスムーズに進行
会社の飲み会をスムーズに進行
同窓会を楽しく過ごすために
同窓会を楽しく過ごすために

このページの先頭へ戻る