会社の飲み会をスムーズに進行

会社に勤めていると、飲み会の幹事として働かなくてはいけないタイミングが必ずやってきます。
幹事にとって何よりも重要なのが、特に問題を起こすことなく飲み会を無事に終えることです。
会社の飲み会はお酒が出される場所ですから、通常の会食とは異なる問題にも対処しなくてはいけません
今回は、会社の飲み会をお酒がらみのトラブルで台無しにしないためのポイントについて詳しく見ていきましょう。
会社の飲み会は、上司と部下が同じ席でお酒を酌み交わす行事です。
そんなイベントで起こりがちなトラブルといえば、年齢の若い部下がお酒に関する最低限のマナーを知らずに上司を怒らせてしまうというものです。
例えば、瓶ビールを注ぐときはラベルを天井の方に向けなくてはいけないことや、上司にお酒を注いでもらう際にはなるべくグラスを空にしておくべきといった点は、最低限守らなくてはいけないマナーです。
自分が幹事になった際に、このようなルールをきちんと覚えているか不安な人がいる場合にはあらかじめ教えてあげましょう。
幹事の仕事ではないように思えますが、飲み会をスムーズに進めるための仕事だと思って取り組んでください。
次に注意したい点は上司や先輩が飲み会を楽しく過ごせているか気を配ることです。
会社の飲み会は、若い人だけが盛り上がるというよりも、上司や先輩と交流することが重要な目的の1つといえます。
上司や先輩の方も、普段は話せないことをお酒の席で行っておきたいという願望を持っていることがあります。
自分が率先して上司の話を聞きに行き、それに他の人がついてくるような流れを作っておくと、上司も機嫌を良くしてくれるでしょう。

 

 

関連ページ

幹事に求められる配慮とは
幹事に求められる配慮とは
お酒好きだからこそ肝臓に優しく
お酒好きだからこそ肝臓に優しく
飲み過ぎてしまった人の介助の方法
飲み過ぎてしまった人の介助の方法
忘年会でお店を決めるポイント
忘年会でお店を決めるポイント
会社の忘年会の席順決めのコツ
会社の忘年会の席順決めのコツ
幹事を任されたら見せておきたい心遣い
幹事を任されたら見せておきたい心遣い
参加者に合わせたお店選び
参加者に合わせたお店選び
結婚式二次会を円滑に進める
結婚式二次会を円滑に進める
同窓会を楽しく過ごすために
同窓会を楽しく過ごすために

このページの先頭へ戻る