同窓会を楽しく過ごすために

昔の仲間たちと久しぶりに会う同窓会は、なんだか気恥ずかしい行事ですよね。
数年会っていなかっただけで驚くほど見た目が変わっている人もいれば、昔からほとんど変わりなく過ごしている人も少なくありません。
知っている人なのに、なぜか初めて会った気がする。
そんな思いが交錯する同窓会の心強い味方といえば、お酒ですよね。
お酒は口を滑らかにしますし、身体の緊張もほぐれるため同窓会の必需品です。
今回は、そんな同窓会を楽しく過ごすために気を付けておきたいお酒の飲み方をご紹介します。
旧交を温めるには、乾杯からスタートさせるのが定石です。
乾杯といえばビールが定番ですが、そのまえにお店のメニューを良く見てみましょう。
地元でしか提供していないお酒がメニューに載っていませんか?
もし地酒ともいえるようなお酒を提供しているのであれば、迷わずそちらを注文してください。
地元に帰ってきたという感慨がより強くなりますし、このお酒自体が会話のタネになるからです。
友人と昔話に耽りながら飲むのにおすすめしたいお酒は、ウィスキーや焼酎といった蒸留酒です。
蒸留酒はアルコール度数が高く、飲むペースを上げることが難しいお酒といえます。
せっかく仲間たちと集まったのに、酔いつぶれてしまって楽しい機会が台無しになったら勿体ないですよね。
蒸留酒はゆっくり語らうのに最適ですし、飲み過ぎを予防出来るお酒なのです。
同窓会の目的は何よりも仲間たちと思い出話に花を咲かせることです。
お酒を飲み過ぎている友人がいると感じたら、さりげなくソフトドリンクを注文してあげましょう。
こういった気遣いが同窓会のトラブルを予防し、お酒に関するトラブルを引き起こすことなく最後まで楽しく過ごすポイントです。

 

 

関連ページ

幹事に求められる配慮とは
幹事に求められる配慮とは
お酒好きだからこそ肝臓に優しく
お酒好きだからこそ肝臓に優しく
飲み過ぎてしまった人の介助の方法
飲み過ぎてしまった人の介助の方法
忘年会でお店を決めるポイント
忘年会でお店を決めるポイント
会社の忘年会の席順決めのコツ
会社の忘年会の席順決めのコツ
幹事を任されたら見せておきたい心遣い
幹事を任されたら見せておきたい心遣い
参加者に合わせたお店選び
参加者に合わせたお店選び
結婚式二次会を円滑に進める
結婚式二次会を円滑に進める
会社の飲み会をスムーズに進行
会社の飲み会をスムーズに進行

このページの先頭へ戻る