飲み会で飲み過ぎないために取るべき対策

飲み会に行くとその場の雰囲気にのまれて、
自分のキャパシティー以上に飲み過ぎてしまうことがあります。
そうなると辛いのは自分自身です。
酔いが酷ければ居酒屋にてつぶれてしまって、
その場にいる人に迷惑をかけることになりますし、
酷い二日酔いが続いて翌日に影響するかもしれないのです。
そうならない前に自分である程度お酒を飲む量をセーブすること、
お酒の影響を少しでも和らげるような対策を取ることが重要になってきます。

 

お酒を飲むと酔いが回って気分がよくなって、
ついついお酒の量もすすみがちになります。
いつもそういった傾向がある方は、
それを誰かに止めてもらうと言う方法も考えられます。
自分でセーブすることができなければ、
親しい人に頼んでその人にセーブしてもらうのです。
そうすればその場で飲み過ぎることを防げます。
その他にできる対策としては、
空腹の状態でお酒を飲まないことです。
空腹時にお酒を飲むと吸収が早くなり、
血中のアルコール濃度も高くなります。
その結果早く酔いが回り、二日酔いになりやすくなるのです。
アルコールを分解してくれるのは肝臓ですが、
空腹時にアルコールを取ると肝臓が十分働かず低血糖を引き起こ
し二日酔いの原因を作るのです。
肝臓では食べた物をもとにしてグルタミンを製造するのですが、
食べ物がないとグルタミンが枯渇してアルコールの分解が追い付かなくなります。
それなので空腹時にお酒を飲むのではなく、
最初に一口だけ飲んで後は食事をとりながらちびちびと
お酒を飲むのが酔いにくい理想的な飲み方です。

 

 

関連ページ

健康に良いお酒の飲み方
健康に良いお酒の飲み方
痩せたいけど飲みたいという人へ
痩せたいけど飲みたいという人へ
気を付けたい飲み合わせとは
気を付けたい飲み合わせとは
飲み会で太らないために
飲み会で太らないために
太りにくい居酒屋メニュー
太りにくい居酒屋メニュー
お酒で太るのはどうして?
お酒で太るのはどうして?
身体に良いお酒とは
身体に良いお酒とは
ダイエット中のお酒の飲み方
ダイエット中のお酒の飲み方
飲み合わせで悪酔いするケース
飲み合わせで悪酔いするケース
妊娠中は飲酒厳禁
妊娠中は飲酒厳禁

このページの先頭へ戻る