飲み合わせで悪酔いするケース

日によって、お酒の飲む量は大して変わらないのに、悪酔いする日としない日があったりしませんか?
その日の体調も影響しますが、それ以上に影響しているのは、飲み合わせです。
悪酔いする日は、飲み合わせが悪い可能性が高いと言えます。

 

では、どのような飲み合わせが、悪酔いしてしまうのか、いくつかパターンを紹介したいと思います。
基本的に、1種類のお酒で量を飲んだ場合は、肝臓で素早く分解されるので、悪酔いはしません。
複数のお酒をちゃんぽんしてしまうと、分解に手間がかかってしまう分、悪酔いしやすいと言えるでしょう。

 

赤ワインと日本酒の飲み合わせは、最悪です。
どちらもアルコール度数が高い醸造酒なので、肝臓に大きく負担をかけてしまいます。

 

醸造酒は、悪酔いの原因となるタンニンが多く含まれているので、醸造酒ばかり飲まないように注意してください。
また安いお酒には、酸化防止剤や保存料などの添加物が大量に含まれています。
安いお酒は、酔いやすいと言われるのはこのためです。

 

ウォッカとエナジードリンクの飲み合わせも、悪酔いします。
お酒が入り、眠くなったため、酔い覚ましにエナジードリンクを飲むという人もいるかもしれません。
ですが、そのエナジードリンクこそが、悪酔いの原因になってしまっています。
エナジードリンクにより、意識がハッキリしていると脳が勘違いし、まだ大丈夫だとお酒の量をコントロール出来なくなってしまいます。その結果、通常よりもお酒の量を飲みすぎてしまいます。

 

他にも焼酎を炭酸飲料で割ると、ストレートで飲むよりも、アルコール度数は低くなります。
しかし、炭酸ガスが体内でアルコールの吸収を促進する働きがあるため、かえって悪酔いしてしまうので、注意してください。

 

このように良かれと思ってしている行為が、逆効果になるケースは、少なくありません。
なので、悪酔いしやすい飲み合わせなど、正しいお酒の知識を身に着けておきましょう。
 

関連ページ

健康に良いお酒の飲み方
健康に良いお酒の飲み方
痩せたいけど飲みたいという人へ
痩せたいけど飲みたいという人へ
気を付けたい飲み合わせとは
気を付けたい飲み合わせとは
飲み会で太らないために
飲み会で太らないために
太りにくい居酒屋メニュー
太りにくい居酒屋メニュー
お酒で太るのはどうして?
お酒で太るのはどうして?
身体に良いお酒とは
身体に良いお酒とは
ダイエット中のお酒の飲み方
ダイエット中のお酒の飲み方
飲み会で飲み過ぎないために取るべき対策
飲み会で飲み過ぎないために取るべき対策
妊娠中は飲酒厳禁
妊娠中は飲酒厳禁

このページの先頭へ戻る