お酒で太るのはどうして?

よくダイエット中にお酒を飲まないほうが良いといわれているのは、お酒を飲むと太るからといわれています。
一見するとカロリーを含んでいないように見えるお酒ですが、
中に含まれる成分によっては肥満につながるケースがあるので、
お酒を飲むと太るというのも間違いとは決していえません。
とはいえ飲み方次第では肥満をある程度防ぐことも出来るので、
ダイエット中にお酒を安心して飲めるようになるためにも、
お酒で太るメカニズムを理解していきましょう。

 

お酒によって太る理由は、肥満の下となる成分の摂取とアルコールによる内臓の機能低下にあります。
まずお酒に含まれている成分ですが、ビールや日本酒などの穀物から作られたお酒には、
体内でエネルギーとして吸収される糖質が多く含まれています。
適量なら問題はありませんが、体内に余計に糖質が送られると、
分解しきれずに老廃物として残ってしまい、それが脂肪へと変質していきます。
更にアルコールによって糖質を分解する機能が鈍ってしまい、
余計に肥満になりやすくなるので、
ダイエット中は極力糖質を含んだお酒を飲まないようにしましょう。

 

お酒で太るのを防ぎたいときは、お酒の種類に注意が必要です。
特に日本酒やビールはお米や麦といった糖質を多く含んだ原材料で作られているので、
余計に多くの糖質を摂取することにつながります。
なるべく太るのを防ぎたいときは、ジンやウォッカといった糖質ゼロの蒸留酒で作るカクテルや、
ウイスキーと炭酸水で作るハイボール、
ぶどうから作られたワインを飲むようにして、
余計な糖質摂取を抑えるようにしましょう。

 

 

 

関連ページ

健康に良いお酒の飲み方
健康に良いお酒の飲み方
痩せたいけど飲みたいという人へ
痩せたいけど飲みたいという人へ
気を付けたい飲み合わせとは
気を付けたい飲み合わせとは
飲み会で太らないために
飲み会で太らないために
太りにくい居酒屋メニュー
太りにくい居酒屋メニュー
身体に良いお酒とは
身体に良いお酒とは
ダイエット中のお酒の飲み方
ダイエット中のお酒の飲み方
飲み合わせで悪酔いするケース
飲み合わせで悪酔いするケース
飲み会で飲み過ぎないために取るべき対策
飲み会で飲み過ぎないために取るべき対策
妊娠中は飲酒厳禁
妊娠中は飲酒厳禁

このページの先頭へ戻る