女性の方が男性よりもお酒に弱い理由

男性の中にも、全くお酒が飲めない下戸の人もいますし、女性の中にもお酒が強い人もいます。
性別に関わらず、個人差が大きいと言えますが、男性と女性とで比較してみると、やはり女性の方がお酒に弱いと言えるでしょう。
では、なぜ女性の方がお酒に弱いのか、その理由について紹介します。

 

まず、男性と女性とでは、体格が違います。
男性の方が、女性と比べると体重が重いですよね。

 

つまり男性と女性とでは、体重が軽い女性の方が、体内の血液の量も少なくなります。
そうすると、同じお酒の量を飲んでも、血液の少ない女性の方が血中のアルコール濃度が高くなるため、酔いやすいと言えます。

 

また別の理由もあります。
女性ホルモンのエストロゲンは、肝臓のアルコールの代謝を遅くする働きがあります。
そのため、女性は体内にエストロゲンが増える、月経前になると、酔いやすい体質になると言えるでしょう。

 

なので、女性は加齢に伴い体内でエストロゲンが減少するため、年を重ねるとお酒が飲めるようになる女性もいます。
つまり、体質的に女性の方が、アルコール処理能力が男性よりも小さいため、男性よりもお酒に弱い女性が多いという訳です。

 

ですが、女性の中にもお酒に強い人がいます。
それはなぜかというと、遺伝が大きく関係しています。
お酒を分解するアセトアルデヒドの代謝速度が速い活性型の人は、女性でもお酒に強くなります。

 

逆に、アセトアルデヒドを全く持たない人も存在します。
そんな人が無理をして、お酒を飲むと、急性アルコール中毒にもなりかねません。
くれぐれも、お酒が飲めない人に、お酒を強要するアルハラ行為は絶対にしないで下さいね。

 

 

関連ページ

貸切パーティでお酒トラブルを予防
貸切パーティでお酒トラブルを予防
飲み会で終電を逃さないためには
飲み会で終電を逃さないためには
会計を円滑に済ませる
会計を円滑に済ませる
鉄の塊が凶器と化す
鉄の塊が凶器と化す
飲み会で心得ておきたいビジネスマナー
飲み会で心得ておきたいビジネスマナー
1人で飲み過ぎないために
1人で飲み過ぎないために
女子会で気を付けたいお酒のこと
女子会で気を付けたいお酒のこと
アルハラの5つの定義
アルハラの5つの定義

このページの先頭へ戻る